インストール

ローカルにダウンロードして、自分で配置する手順

http://getbootstrap.com/ から、「 Get started 」に移動。

とりあえず、「Download BootStrap」(一番左)からZIPファイルをダウンロード。

ダウンロードしたファイルを解凍すると、以下の3つのディレクトリがある。

それを適当な場所に配置すれば終わり。

CDN(ネットワーク上にホスティングされているファイル)を使う場合

Bootstrap CDN 」に説明されている。

なお、「 Basic template 」をCDNを使うように変更し、 日本語を使えるように修正したコードを下に記載した。
BootstrapのCDNを使って日本語サイトを作る場合には、下のコードをテンプレート(ひな型)に使えばよい。

次は「 サンプル 」へ。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
	<head>
		<meta charset="utf-8">
		<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge">
		<meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1">
		<!-- 上の3行は必須。その他の要素は、ここから下に書く -->

		<title>タイトル</title>

		<!-- Bootstrap -->
		<link 
			rel="stylesheet" 
			href="https://maxcdn.bootstrapcdn.com/bootstrap/3.3.7/css/bootstrap.min.css" 
			integrity="sha384-BVYiiSIFeK1dGmJRAkycuHAHRg32OmUcww7on3RYdg4Va+PmSTsz/K68vbdEjh4u" 
			crossorigin="anonymous">

		<!-- HTML5 shim and Respond.js for IE8 support of HTML5 elements and media queries -->
		<!-- WARNING: Respond.js doesn't work if you view the page via file:// -->
		<!--[if lt IE 9]>
			<script src="https://oss.maxcdn.com/html5shiv/3.7.3/html5shiv.min.js"></script>
			<script src="https://oss.maxcdn.com/respond/1.4.2/respond.min.js"></script>
		<![endif]-->
		<style>
		
			/* 追加のスタイルは、ここに書く */
		
		</style>
	</head>
	<body>

		<!-- 本文 ここから -->
		<div class="container">

			<h1>タイトル</h1>



			<!-- ここに内容を書く -->



		</div>
		<!-- 本文 ここまで -->

		<!-- jQuery (necessary for Bootstrap's JavaScript plugins) -->
		<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.12.4/jquery.min.js"></script>
		<!-- Include all compiled plugins (below), or include individual files as needed -->
		<script 
			src="https://maxcdn.bootstrapcdn.com/bootstrap/3.3.7/js/bootstrap.min.js" 
			integrity="sha384-Tc5IQib027qvyjSMfHjOMaLkfuWVxZxUPnCJA7l2mCWNIpG9mGCD8wGNIcPD7Txa" 
			crossorigin="anonymous"></script>
		<script>
		
			/* 追加のスクリプトは、ここに書く */
		
		</script>
	</body>
</html>

次は「 サンプル 」へ。